さてさて

7月29日朝7時30分、ムーが永眠しました。

朝起きて、レップミール入りのアイソカルプラスを飲み、それだけでは足りず、ゴートミルクも飲み、いつも通り口のまわりと体を綺麗に拭き清めた直後、発作が起こってそのまま逝ってしまいました。

発症してから3週間、よく頑張ったな、ムー。
「ムーが辛くなければそれでいい」というのが一番の思いでしたので、もう苦しむ事も嫌な事もない、と少しホッとしたところもあります。
私自身も、ムーを失う恐怖から解放された訳ですし。

その後、みわエキゾチック動物病院に連絡。
「WHSは死後に検査してわかる病気」と以前書きましたが、果たしてその検査は、死因がわかるだけのものなのか? 後に活かせるものなのか?
てな事を院長先生と話させて戴き、結果

・海外の方がWHSの研究が進んでいるが、(もしムーがWHSだったら)国内でも症例として上げられる
→獣医さんに情報が行く
今後のハリ&ハリ飼いさんの参考になる

という事がわかったので、病理組織学検査をお願いしました。
今後の日本のハリ達の礎となれ、ムー。 
…てな大袈裟な願いではないんですが、少しでもWHSについて分かる事があればいいなあ。
悲しい思いをするハリ&ハリ飼いさんが減ってくれればいいなあ。
という訳で、現在ムー、人生初の(って「人」でもなけりゃ「生」でもないんだが)入院中でございます。
うわあ、私が本当に一人きりになるのって、2年以上ぶりじゃん。
うるさい音をたてても怒り出すアイツがいないよ! 電気つけても唸り出すアイツがいないよ!
羽根のばし放題だよ!(「それはこっちのセリフだ」ってムーは言いそうだけど…)

…ま実際、WHSかどうかも確定していないのですが、大まかな検査結果が出るのは2~3日後(詳細は2~3ヶ月かかるらしい)です。

※解剖自体は、内臓を出して、場合によっては脊髄(背骨)を取って、という流れになるそうです。費用は¥10,500でした。参考までに。

今までコメント下さった皆様、本当にありがとうございました。
ムーの事を親身に思って下さる方が沢山いて、なによりの心の支えとなりました。
願わくば、皆さんとハリさんがいつまでも楽しく暮らせますように。
ハリ飼いさん達は、お願いですからブログで自分とこのハリ自慢をして下さいw
いや本当、皆さんが幸せそうだと、こっちも救われる気持ちになります。
やっぱりハリって可愛いもんなw たまらんよなwww

c0084379_1644246.jpg

ムーが入荷した時、SBSコーポレーションさんから戴いた写真。
プロフィールの写真と一緒に戴きました。
ちっちゃいなあムー。まさか・・・まさかあっという間に鼻息荒い姉さんに成長するとは誰も想像せず…。

飼「お前が、諸先輩方とうまくやれるか心配だよ…。ムーは新参なんだから、喧嘩売ったり可愛くない態度取ったりするんじゃないぞ」
ム「うるさいわね。死んだ後も私に指図するんじゃないわよ」
飼「…私が行く頃には、天国仕切ってそうだよねお前。」
ム「アンタが天国に来られたらの話だけどね
飼「…そうですね…。ま、とりあえず先に行ってらっしゃい。」
なんかなあ、私が死んだ時、ムーは門の所で仁王立ちしてそうだよ。
[PR]

by hase-gawa | 2008-07-29 16:53 | WHS