カテゴリ:未分類( 20 )

ベルギービール

友達が、ハリネズミラベルのベルギービールを
プレゼントしてくれました♪

c0084379_1173992.jpg


ちょっと黒ビールっぽい、重い味でしたが
すーっと飲めました。
[PR]

by hase-gawa | 2012-02-13 01:18

いただきもの

友達にもらったアドベントカード。
12月初旬から、1日1つずつ窓を開けていったら、
ハリネズミが現れました。
嬉しいサプライズ~

c0084379_2425299.jpg



これは、同じ友達から戴いた、
木製のハリネズミの・・・置物?

c0084379_2433861.jpg

[PR]

by hase-gawa | 2011-12-26 02:43

お久しぶりです


ご無沙汰しております。

ムー亡き後、井の頭自然文化園のハリネズミを見たりしながらも
ほぼ放置していたブログですが、
未だに毎日どなたかが訪問して下さっていて、
本当にありがとうございます
アンド申し訳ありません。

ムーの写真を保管しておくのが半分、
闘病記として他の方の参考になれば…というのが80%(100%越えてんじゃんか)で
当ブログを消さずに残しておりました。

あれから、ハリネズミの病理について
解明されたことはどのくらいあるのかな~

亡くして1年は、WHSや他の不治の病が解明されない限り、
我が家にハリネズミは迎えない、と思っていたのに、
いやぁ、巷でも言われるように、2年が節目ですね!

去年あたりから、またハリと一緒に暮らせないか、と
サイトを見たりペットショップを巡ったりしています。

まだ諸事情あって、
今日明日飼い始める、という訳にはいきませんけどね~。
それでも、心構えはだいぶ出来てきたかな…。

今日もハリサイトを巡っていて、
ひとつのお別れと
ひとつのお迎えを
知りました。

その時々で起伏はあるけど、
ハリネズミと暮らす事は、幸せの方が大きいですよね、きっと。
[PR]

by hase-gawa | 2011-11-30 23:01

メルマガより

c0084379_18591452.jpg

SBSさんのメルマガより

【飼育ワンポイントアドバイス】

大きく成長していて、飼い主さんにまだ警戒心をもっているハリネズミの場合、早く飼い主さんの臭いに慣れさせるよう努力してください。
夜中にコミュニケーションをとってみてください。
手には、タバコや香水のにおいをつけないでください。
痛いのを我慢して、両手ですくいあげて、10分くらいずっと持ち続けてください。
威嚇しても気にしないで下さい。
痛いからといって、決して床に落とさないで下さい。落とすともっと慣れなくなってしまいます。
飼い主さんが床のひくい位置で抱っこして、床に毛布などをおいておくといいです。
顔を出して、お腹を触れるようになったらそっとお腹をなでてください。
これを毎日すこしづつ行っていきましょう。

>両手ですくいあげて、10分くらいずっと持ち続けてください。

うちはこれを怠っていました…。
「触りすぎて、ストレスを与えてはいけません」という注意の方が強く頭に残っていたので、長く抱き上げた事はないですね。
だーからいけなかったのか。

でも、初心者は迷うところだよね…。
どのあたりまでスキンシップが許されるのか。
[PR]

by hase-gawa | 2009-04-03 19:01

2009年

三が日ももう終わりですが、皆様あけましておめでとうございます。
本年も宜しくお願い致します。
c0084379_23471255.jpg

年明けらしく、目覚めたハリの写真を…。
そろそろまた井の頭のハリに会いに行こうかなあ。
[PR]

by hase-gawa | 2009-01-03 23:47

不信感

c0084379_23574125.jpg

ムーは滅多に写真を撮らせない子だったので、未公開写真が殆どありません。
ちなみに、このブログの初回に載せた写真の、直後の様子がコレ…。
全身から発する不機嫌オーラ。


このブログも、開店休業状態にせざるを得ないのですが、また井の頭とかに行ったらUPしますわ。
週末、フラリとペットショップに入ったら、ハリネズミが入荷されておりました。
紙箱の中でスウスウ眠ってた。
さすがに写真撮影は出来ませんでしたが、やわらかそうなハリだったなー。
他の方のブログや動画を見ると、ハリネズミでもハリのに硬軟に差があるのがわかります。
ムーのハリは太くて固かった…。痛かった…。

c0084379_052312.jpg

おまけ。井の頭のミミズク。
猛禽類も大好きです。
[PR]

by hase-gawa | 2008-12-09 00:05

結果

井の頭自然文化園のハリネズミ。
こんな姿で出迎えてくれました(明らかに出迎えてないけど…)。
眠る兄弟(と勝手に予想)。
c0084379_8503664.jpg

ギュウギュウに詰まって眠ってたのに、私の出現によって起こされてしまったみたい。
ちょっと離れたところで、お母さん(と勝手に予想)も寝てました。
c0084379_853025.jpg

兄弟より若干体が大きく、針の色も濃い。
そしてこちらはずーっと眠ったまんまでした。

さて、みわさんから来た、ムーの一次診断報告。
・膀胱の中に、小さな結石
結石って、人間も猫も、罹患するのは殆ど雄な筈。
ムーは性格だけでなく体も男性的だったのか…。
しかし、ただでさえ寝たきりだったのに、排泄まで苦痛を伴っていたとは、さぞかし辛かっただろう…。
・脊髄の軟化が見られる
ただしこれは死後の変化かもしれないとの事。
・延髄に血の塊
後で調べてみたら、延髄は平衡バランス感覚の中枢。ここに障害があると、立つことや歩行が困難になるとか。あと、味覚や嚥下にも影響が出るそうで…。
・肺の右半分が鬱血し、空気が入っていない状態
ムーはミルクを飲ませた直後に、苦しんで逝ってしまいました…。
上記の嚥下云々も併せ、先生曰く、誤飲してしまい、肺に入ってしまったかもしれない、との事。もっともこれは、亡くなった当日に言われていた事ですが…。
ミルクのあげ方が悪かったのか、あげた直後、拭くために体を揺すったのが悪かったのか、どっちにしろ私が鉄槌を下したような気がして、「ミルクをあげなければよかった」と落ち込んでいました。そんな訳にもいかなかったけど。

他の内臓・神経は異常ナシ。
…とは言え、これだけの障害があったなんて、まったく気付かなかったよ。ごめんねムー。
しかも、聞くだけで精一杯で、「今後予防するにはどうすればいいか」を聞きそびれた…。
次に病理学解剖の結果が来たら、忘れずに聞かなくては。
あと、こまめな健康診断は大事だなー。
次にハリを迎えて、その子も臆病で人嫌いだったとしても、ちゃんと連れていこう。予定ないけどね。
c0084379_9302665.jpg

カベに手ついてるのがカワイイ。
抜けに見えるのは、うちと同じ回し車。汚れてるわガムテープで修復されてるわ、ハリに存分に愛されてるのがありありと分かる代物でしたw
でもちょっと年季入りすぎw 「よかったら我が家のを差し上げましょうか」と申し出そうになりました。
[PR]

by hase-gawa | 2008-08-24 09:33

井の頭公園

c0084379_11403260.jpg

井の頭公園の、井の頭自然文化園にハリネズミがいると聞いていたので、行って来ました。
迎えてくれたのは、狭いアクリルボックスの中で、ギュウギュウ詰まりながら寝る兄弟(多分)。
外は30℃を超え、午前中という事もあってか人が殆どおらず、ハリの前に椅子を持ってきて座りこみ、ずーっと眺めている事が出来ました。
久々に見るぐにゃぐにゃの体は、やっぱりカワイイ。チョコマカ手足を動かすのも、ズルッとすべるのも、とぼけた顔で変な姿勢になるのも、すべてカワイイ。
c0084379_11505690.jpg

ちなみに、数十年に一度咲くという、アオノリュウゼツランが今まさに開花中なので、行かれる方はお早めに~。

ペット好きなら、大島弓子の名著・サバシリーズや「グーグーだって猫である」を愛読されている方も多いと思いますが、井の頭公園はまさに聖地。
文化園はもちろん、井の頭公園の小径や湖のほとりを歩くだけで、楽しく悲しいさまざまなシーンが浮かんで来て、胸がいっぱいになりました。

ムーが逝った直後は、病院だ霊園だと忙しかったのですが、ここに来てやっと落ち込むヒマが出来たというか…

・久しぶりに動くハリネズミを見た
・大島弓子の本とリンクしてしまった
・暑さにやられた(笑)


という事が相俟って、先週末が落ち込みのクライマックスでした。
当時ちゃんと悲しめなかった分、一気に押し寄せてきた感じ。
飲めない食えない眠れないで、頭痛と吐き気で半死人のような状態で寝込んだり出社したりしましたが(同僚にとってはいい迷惑だ)、まあこれも通過儀礼なのでしょう。
これも、ムーの死と向き合う、必要な時間。
そんなこんなでブログの更新が遅れましたw すみません。

今はもうフラットな状態で、49日の準備を考えたり、みわさんからの報告を待っているだけです。
あ、そういやみわさんから、簡単な診断の連絡は来ましたよ。それについてはまた後日。
c0084379_12124357.jpg

オマケ。暑さでダレてるアナグマ。
[PR]

by hase-gawa | 2008-08-17 12:14

初七日

本日(8/4)初七日!
ガチでそこにムーがいる気がしてならない!
霊感ゼロだけど!!

と、ブログを書き始めた瞬間、雷が鳴り出しました。
ま、また嵐を呼ぶのね。
ムー…お前本当にタダのハリネズミじゃないだろ…
絶対何かを背負って生まれて来ただろ…

c0084379_22141596.jpg

ちなみに、上から時計まわりで

・線香
・会社を抜け出して買って来た花(残業確定だったから、花屋が開いてる時間に行って来た)
・回し車
・トフカスサンド(掘るの大好き)
・言わずもがなの新聞紙
・レップミールとピンキーマウス
・ふやかしたハリフード+フェレットフード
・特濃ゴートミルク

です。

ム「花って…普通は仏花じゃないの?」
飼「仏花って辛気臭いじゃん。こっちの方が綺麗でしょ。その上安かっt…いやなんでもない」
ム「線香もお香じゃねえか!」
飼「日曜にわざわざ伊勢丹まで買いに行ったんですよ! オホホホホホお気に入りのESTEBANのペオニーだよ~、一目惚れならぬ一鼻惚れだったのよ~♪」
ム「アレンジしすぎにもほどがあるだろ…」
[PR]

by hase-gawa | 2008-08-04 23:54

叢雨

29日夜、猛烈な夕立ちが東京近郊を襲いました。
山手線と京浜東北線を止め、各所に警報を出し、5m先も見えなくするほどの激しい雷雨。
律儀に「嵐とともにやって来て、嵐とともに去ってゆく」を成し遂げた訳です。
ちょっと笑っちゃった。

飼「本当、名前に恥じない女だよ…。
  でもちょっとやりすぎじゃありませんか? そばの寺でやってたお祭り、一瞬で解散しちゃったじゃないですか。提灯もマッハで撤収されたし…。人の楽しみを奪うのは良くないと思う」
ム「何よ。『お囃子うるせえな』とか思ってた癖に。」
飼「…いや、それは…」
ム「感謝されこそすれ、非難される筋合いはないわよ。」
飼「…はい…。ありがとうございます…。」


さて、検査から帰って来たというので、みわさんにムーを迎えに行き、そのまま実家近くのお寺へ行って来ました。
「バス停から5分」という案内にアッサリ騙され、炎天下をさまよったものの無事到着(土地勘があったからよかった…)。
霊園は静かで仄かに線香の香りが流れており、木立を流れる風は涼しく、とても気持ちのいいところでした。
点在する休憩所、大きな納骨堂、供養塔のそばでは線香が焚かれ、読経所や六角堂も近く、寂しさを感じさせません。
…何でこんなに隅から隅まで知ってるかと言うと、園内で迷ったからです…。
くまなく歩いちゃったよ…。ま、次来る時の参考になったからいいか…(前向き)。

受付にて、書類に記入し待っていたら、案の定あの問題が…。
受付嬢「すみません、ヤブサメちゃんの字ですが、授業の業の上の部分に…」
ム「ん?! この人アタシの事『ヤブサメ』っつった?!」
飼「そんな怒るな。ちょっと言い間違えただけでしょ。ええ、業の上部分に、下は『取』です。」
ム「流鏑馬と叢雨…漢字全然違うのに!!」
飼「ようは、弓で射るか、針で刺すか の違いじゃん」
ム「全然違うわよ!!
漢字、読みやすく大きく書いたつもりだったんだけど苦しかったか…。
名前記入欄にはフリガナの欄がなかったので、「叢雨(ムラサメ)」ってカッコ付けでよみがなも書いたんですが…(お坊さんが読めなかったら読経の時大変だし)。
「流鏑馬」という間違われ方をするとは、まったく想像外でしたw

チクチクのハリと、ぐにゃぐにゃのお腹、細い手足にあまり切らせてくれなかった爪、よく私を噛みやがった歯にピラピラの耳、そして自慢の白いフワフワの毛皮とは、とりあえずここでお別れ。全部大好きだった。
触れなくなるのは残念だけど、それも現世での話、まァ次会う時の楽しみにすればいいわな。
そうそう、検査の痕は、まったく見えないと言っていいほど綺麗でしたよ! お腹が縫われてるなんて思えないくらいでした。東大病院とみわさんに感謝です。
さようなら、ムーの肉体。
魂があるからそれでいい。



ものすごい余談。
火葬代は、「猫・うさぎ・フェレットetc」ではなく「ハムスター・リス・小鳥etc」の料金でした。
てっきりうさぎやフェレットと同等だと思ってた・・・。
体重から言えば、確実に前者だろうに…。
デカハリだったら、猫料金になるのかしら。謎。
[PR]

by hase-gawa | 2008-07-31 18:56