井の頭公園

c0084379_11403260.jpg

井の頭公園の、井の頭自然文化園にハリネズミがいると聞いていたので、行って来ました。
迎えてくれたのは、狭いアクリルボックスの中で、ギュウギュウ詰まりながら寝る兄弟(多分)。
外は30℃を超え、午前中という事もあってか人が殆どおらず、ハリの前に椅子を持ってきて座りこみ、ずーっと眺めている事が出来ました。
久々に見るぐにゃぐにゃの体は、やっぱりカワイイ。チョコマカ手足を動かすのも、ズルッとすべるのも、とぼけた顔で変な姿勢になるのも、すべてカワイイ。
c0084379_11505690.jpg

ちなみに、数十年に一度咲くという、アオノリュウゼツランが今まさに開花中なので、行かれる方はお早めに~。

ペット好きなら、大島弓子の名著・サバシリーズや「グーグーだって猫である」を愛読されている方も多いと思いますが、井の頭公園はまさに聖地。
文化園はもちろん、井の頭公園の小径や湖のほとりを歩くだけで、楽しく悲しいさまざまなシーンが浮かんで来て、胸がいっぱいになりました。

ムーが逝った直後は、病院だ霊園だと忙しかったのですが、ここに来てやっと落ち込むヒマが出来たというか…

・久しぶりに動くハリネズミを見た
・大島弓子の本とリンクしてしまった
・暑さにやられた(笑)


という事が相俟って、先週末が落ち込みのクライマックスでした。
当時ちゃんと悲しめなかった分、一気に押し寄せてきた感じ。
飲めない食えない眠れないで、頭痛と吐き気で半死人のような状態で寝込んだり出社したりしましたが(同僚にとってはいい迷惑だ)、まあこれも通過儀礼なのでしょう。
これも、ムーの死と向き合う、必要な時間。
そんなこんなでブログの更新が遅れましたw すみません。

今はもうフラットな状態で、49日の準備を考えたり、みわさんからの報告を待っているだけです。
あ、そういやみわさんから、簡単な診断の連絡は来ましたよ。それについてはまた後日。
c0084379_12124357.jpg

オマケ。暑さでダレてるアナグマ。
[PR]

# by hase-gawa | 2008-08-17 12:14

パチリ

c0084379_21304439.jpg

これが最後に撮った写真です。
病気が発覚してからは、痛々しくて撮ってませんでした。
ムーも変にプライドが高いので、弱ってるところを撮られるのも嫌だろうなーと思って。
ちなみにこれは、温めたティーポットの上で寝そべってるムー。

以前、によじさんからのコメントで、「蒸しタオル等であたためてあげるといいかも」とあったので、早速実行
…したものの、温度調節が異様に下手で
「(タオルに熱湯をかけて絞り)熱熱熱っ! …まだ熱いな …もうちょい ……冷たいわ!
とひとりコントのような事をやっていたのです(悲しい事に事実です)。
そこで偶然目についたのがティーポット。
保温性・サイズ・手触り・匂い全てをクリアしてるじゃないか!
と、それから食後のリラックスタイムに導入しました。
…ま、最後の方はされるがままの状態だったので、本当にリラックスしてたかどうかはわかりませんけどね…。

ちなみにその頃の流れ。
1)お湯を沸かす
2)沸いたお湯で食器を熱湯消毒
3)ゴートミルクを作る(アイソカルプラスの時は省略)←ここまで病気前と同じ。
4)残ったお湯をティーポットへ
5)食後、ティーポットから別の器へお湯をあけ、タオルを浸して体を拭く
6)程よく温まってるティーポットの上にムーを乗せる

そんな時の一枚でした。

ご覧になればわかるように、病気が進むと自咬が始まりまして…。
SBSさんにメールで相談したところ、メルマガに掲載されたので、ご存知の方もいらっしゃるかとは思いますが、唯一自由に動かせる左手に、常に血が滲むようになってしまいました。
ストレスで咬むのか? 不安から舐めてしまうのか? 「まだ痛覚がある」と確認するために噛んでいるのか?
今となっては、そしておそらく今後もしばらくはわかろう筈もない疑問が胸に痛い。

「くそう、ムーめ! よくもムーに!! いくらムーとは言え、俺のムーを傷つけるのは許さないぞ!!」
とよくわからん理屈で泣いて怒っても、自咬は止まず。
飼い主に出来るのは、専門家に相談して、消毒後バンデージを貼ってもらう事だけ。

飼「(消毒液…舐めても平気だよな…)あのう、テープが剥がれた場合、どうすれば…?」
医「普通の(サージカル)テープやバンドエイドで大丈夫ですよ。」
飼「いや…、この子、見慣れないものだと食い破る…舐めちゃうんで…。」

食い破る」をどう変換して先生に伝えようか、本気で一瞬迷ったわ!!

そのバンデージもすぐ取っちゃったけどね…。
拗ねたんだか不満だったんだか、腕を動かさなくなったんで、違和感が嫌なんだろうなあと思い、「もう好きにしろ」っつって剥がしちゃった。

SBSさんのお返事には「患部に、苦味のあるスプレーをすればおk」ってあったけど…
傷に影響しない、舐めても平気な嫌な味のものって、例えば何だろう?
アロエとかゴーヤとかギムネマか?
味知らんけど、アガリクスやレシチンやナットウキナーゼもどうだ?
イカン、健康食品のCMに踊らされすぎか。
いや待てよ、そういうの塗って舐めさせたら、逆に体調良くなって結果オーライか…?
(飼い主バカなんですすみません)

あ、あと、「夏眠で内臓がやられて麻痺に至るケースもある」ともあって、夏眠の怖ろしさを確認…。
WHSと似た症状だそうで、あなどれませんね。
もっとも夏眠は、人間側でいくらでも防げるものですから、気を付ければいいだけか。

……
………
ムーが寝たきりになってから、余計な負担をかけまいと、日中もエアコンかけっぱなしだったんですけど…(部屋が13階で、エアコン消してても、ケージのある廊下は30℃以上には滅多にならないんですが念の為)
7月の電気代の請求を見るのが怖い。本気で。
¥10,000超えてる予感。

…しかし、ハリが病気になった場合の治療費や精神的ダメージを考えたら、その位どうってことありませんよね。
ね。

ム「泣いてるわよ、アンタ」
[PR]

# by hase-gawa | 2008-08-09 21:31 | WHS

初七日

本日(8/4)初七日!
ガチでそこにムーがいる気がしてならない!
霊感ゼロだけど!!

と、ブログを書き始めた瞬間、雷が鳴り出しました。
ま、また嵐を呼ぶのね。
ムー…お前本当にタダのハリネズミじゃないだろ…
絶対何かを背負って生まれて来ただろ…

c0084379_22141596.jpg

ちなみに、上から時計まわりで

・線香
・会社を抜け出して買って来た花(残業確定だったから、花屋が開いてる時間に行って来た)
・回し車
・トフカスサンド(掘るの大好き)
・言わずもがなの新聞紙
・レップミールとピンキーマウス
・ふやかしたハリフード+フェレットフード
・特濃ゴートミルク

です。

ム「花って…普通は仏花じゃないの?」
飼「仏花って辛気臭いじゃん。こっちの方が綺麗でしょ。その上安かっt…いやなんでもない」
ム「線香もお香じゃねえか!」
飼「日曜にわざわざ伊勢丹まで買いに行ったんですよ! オホホホホホお気に入りのESTEBANのペオニーだよ~、一目惚れならぬ一鼻惚れだったのよ~♪」
ム「アレンジしすぎにもほどがあるだろ…」
[PR]

# by hase-gawa | 2008-08-04 23:54

一週間

激動の一週間でした。
土曜に、みわさんに連れてゆき、お薬を貰い、
火曜に別れが来て、またみわさんへ。
木曜に検査から戻って来たムーを迎えにゆき、そのまま霊園。
金曜に火葬が行われ、
今日から納骨堂で会えるようになりました。

忙しくしている方が気が紛れて良い、とはよく言ったもんで、お陰様で気持ちの切り替えは出来ました。
もちろん、廊下の空きスペースが悲しいし、物を落としたり大きな音を出すと「ごめん」って言ってしまうし、電気を消す度に「ホラ、これでいいんだろ!」と思うし、寂しい気持ちは消えません。
ただ、ムーがいないという事実は受け入れられてます。

皆様には、ムーだけでなく、飼い主に対してもお気遣い戴き、本当にありがとうございました。
実は、結構早い段階で、冷静になれてたんですよ。
病気を発見した8日(この日付はよく覚えている。前日が七夕で「別に願う事はなにもないなー」って呑気に言ってたんで。何であの時、家族の健康を願わなかったんだか。目の前の事しか見えてなかったんですね)の火曜日から、3日間泣きっぱなし。
いやもう号泣
20代の時は、年に1回くらい、仕事の事で悔しくて泣く事はあったけども(…勿論自宅でね)、号泣するほどの事はなかった。だから10年以上ぶりの号泣だった訳ですよ。三十路が声上げて泣いてんの。
家帰ってドア閉めた瞬間に号泣、ムーが脚を引きずってる姿を見て号泣、部屋で自然に号泣、会社でも気が緩むと涙が滲んで、頻繁に手洗いに逃げていました(同僚に「アイツ今日は頻尿だな」とか思われてたに違いない)。
あ、このまま発狂するのかも」とぼんやり思ってたのですが、
「辛いのはムーである」
「私はこの先を見届けなくてはいけない」
と決意した瞬間、魔法(呪いか?)が解けたように、それまでの重い気持ちが嘘の様に晴れました。それが3日目の話。本当、あれは何かの力が働いていたのではないかと…。

それからは、私の精神状態はほぼ並行ライン。
多少の揺れはあったけど、最後の瞬間も取り乱す事なく見届けられました。
だから今でも、飼い主は結構元気なんですよね。
イカン、ムーブログなのに、飼い主の話になってもうた。

ムーも実は、割に気を遣うタイプだったようで、
「一人で逝かないでよ」と言ってたら、目の前で息を引き取ったし、
「ムーともあろう者が、400gを切るなんて駄目だ」と言ってたら、最後まで400gをキープしました。
坂を転がり落ちるように悪化していった体調も、私が吹っ切れた夜から安定したんです。
きっとムーは、狂ったように泣く私の姿を見ていられなくて、早く逝こうとしてたんじゃないか…。
と、今でも申し訳なく思っています。

ムー、今は辛くないかい。
ムー、いつでも戻っておいで。
もうムーは苦しい事はないのだ、と思うからこそ、穏やかな気持ちで言葉が出て来ます。
その度に
うるさい
って返事が聞こえる気がするんですけど…言ってるのかもね。
[PR]

# by hase-gawa | 2008-08-03 00:50 | WHS

叢雨

29日夜、猛烈な夕立ちが東京近郊を襲いました。
山手線と京浜東北線を止め、各所に警報を出し、5m先も見えなくするほどの激しい雷雨。
律儀に「嵐とともにやって来て、嵐とともに去ってゆく」を成し遂げた訳です。
ちょっと笑っちゃった。

飼「本当、名前に恥じない女だよ…。
  でもちょっとやりすぎじゃありませんか? そばの寺でやってたお祭り、一瞬で解散しちゃったじゃないですか。提灯もマッハで撤収されたし…。人の楽しみを奪うのは良くないと思う」
ム「何よ。『お囃子うるせえな』とか思ってた癖に。」
飼「…いや、それは…」
ム「感謝されこそすれ、非難される筋合いはないわよ。」
飼「…はい…。ありがとうございます…。」


さて、検査から帰って来たというので、みわさんにムーを迎えに行き、そのまま実家近くのお寺へ行って来ました。
「バス停から5分」という案内にアッサリ騙され、炎天下をさまよったものの無事到着(土地勘があったからよかった…)。
霊園は静かで仄かに線香の香りが流れており、木立を流れる風は涼しく、とても気持ちのいいところでした。
点在する休憩所、大きな納骨堂、供養塔のそばでは線香が焚かれ、読経所や六角堂も近く、寂しさを感じさせません。
…何でこんなに隅から隅まで知ってるかと言うと、園内で迷ったからです…。
くまなく歩いちゃったよ…。ま、次来る時の参考になったからいいか…(前向き)。

受付にて、書類に記入し待っていたら、案の定あの問題が…。
受付嬢「すみません、ヤブサメちゃんの字ですが、授業の業の上の部分に…」
ム「ん?! この人アタシの事『ヤブサメ』っつった?!」
飼「そんな怒るな。ちょっと言い間違えただけでしょ。ええ、業の上部分に、下は『取』です。」
ム「流鏑馬と叢雨…漢字全然違うのに!!」
飼「ようは、弓で射るか、針で刺すか の違いじゃん」
ム「全然違うわよ!!
漢字、読みやすく大きく書いたつもりだったんだけど苦しかったか…。
名前記入欄にはフリガナの欄がなかったので、「叢雨(ムラサメ)」ってカッコ付けでよみがなも書いたんですが…(お坊さんが読めなかったら読経の時大変だし)。
「流鏑馬」という間違われ方をするとは、まったく想像外でしたw

チクチクのハリと、ぐにゃぐにゃのお腹、細い手足にあまり切らせてくれなかった爪、よく私を噛みやがった歯にピラピラの耳、そして自慢の白いフワフワの毛皮とは、とりあえずここでお別れ。全部大好きだった。
触れなくなるのは残念だけど、それも現世での話、まァ次会う時の楽しみにすればいいわな。
そうそう、検査の痕は、まったく見えないと言っていいほど綺麗でしたよ! お腹が縫われてるなんて思えないくらいでした。東大病院とみわさんに感謝です。
さようなら、ムーの肉体。
魂があるからそれでいい。



ものすごい余談。
火葬代は、「猫・うさぎ・フェレットetc」ではなく「ハムスター・リス・小鳥etc」の料金でした。
てっきりうさぎやフェレットと同等だと思ってた・・・。
体重から言えば、確実に前者だろうに…。
デカハリだったら、猫料金になるのかしら。謎。
[PR]

# by hase-gawa | 2008-07-31 18:56

さてさて

7月29日朝7時30分、ムーが永眠しました。

朝起きて、レップミール入りのアイソカルプラスを飲み、それだけでは足りず、ゴートミルクも飲み、いつも通り口のまわりと体を綺麗に拭き清めた直後、発作が起こってそのまま逝ってしまいました。

発症してから3週間、よく頑張ったな、ムー。
「ムーが辛くなければそれでいい」というのが一番の思いでしたので、もう苦しむ事も嫌な事もない、と少しホッとしたところもあります。
私自身も、ムーを失う恐怖から解放された訳ですし。

その後、みわエキゾチック動物病院に連絡。
「WHSは死後に検査してわかる病気」と以前書きましたが、果たしてその検査は、死因がわかるだけのものなのか? 後に活かせるものなのか?
てな事を院長先生と話させて戴き、結果

・海外の方がWHSの研究が進んでいるが、(もしムーがWHSだったら)国内でも症例として上げられる
→獣医さんに情報が行く
今後のハリ&ハリ飼いさんの参考になる

という事がわかったので、病理組織学検査をお願いしました。
今後の日本のハリ達の礎となれ、ムー。 
…てな大袈裟な願いではないんですが、少しでもWHSについて分かる事があればいいなあ。
悲しい思いをするハリ&ハリ飼いさんが減ってくれればいいなあ。
という訳で、現在ムー、人生初の(って「人」でもなけりゃ「生」でもないんだが)入院中でございます。
うわあ、私が本当に一人きりになるのって、2年以上ぶりじゃん。
うるさい音をたてても怒り出すアイツがいないよ! 電気つけても唸り出すアイツがいないよ!
羽根のばし放題だよ!(「それはこっちのセリフだ」ってムーは言いそうだけど…)

…ま実際、WHSかどうかも確定していないのですが、大まかな検査結果が出るのは2~3日後(詳細は2~3ヶ月かかるらしい)です。

※解剖自体は、内臓を出して、場合によっては脊髄(背骨)を取って、という流れになるそうです。費用は¥10,500でした。参考までに。

今までコメント下さった皆様、本当にありがとうございました。
ムーの事を親身に思って下さる方が沢山いて、なによりの心の支えとなりました。
願わくば、皆さんとハリさんがいつまでも楽しく暮らせますように。
ハリ飼いさん達は、お願いですからブログで自分とこのハリ自慢をして下さいw
いや本当、皆さんが幸せそうだと、こっちも救われる気持ちになります。
やっぱりハリって可愛いもんなw たまらんよなwww

c0084379_1644246.jpg

ムーが入荷した時、SBSコーポレーションさんから戴いた写真。
プロフィールの写真と一緒に戴きました。
ちっちゃいなあムー。まさか・・・まさかあっという間に鼻息荒い姉さんに成長するとは誰も想像せず…。

飼「お前が、諸先輩方とうまくやれるか心配だよ…。ムーは新参なんだから、喧嘩売ったり可愛くない態度取ったりするんじゃないぞ」
ム「うるさいわね。死んだ後も私に指図するんじゃないわよ」
飼「…私が行く頃には、天国仕切ってそうだよねお前。」
ム「アンタが天国に来られたらの話だけどね
飼「…そうですね…。ま、とりあえず先に行ってらっしゃい。」
なんかなあ、私が死んだ時、ムーは門の所で仁王立ちしてそうだよ。
[PR]

# by hase-gawa | 2008-07-29 16:53 | WHS

痩せるのは許しません

先週からムーの体重は400g前後で推移。
ムーともあろう者が、300台に突入するなんて…そんなのムーじゃない!
と叫びつつ、食事に四苦八苦しています。

相変わらず食事内容は、アイソカルプラスorゴートミルク
・砕いたハリフード(brikys社のは指で粉々に出来るので便利)
・テクニケア(病院で戴いたフェレットフード)
・犬用のカルシウムパウダー
・フェレットバイト
・黒糖ゼリー
・レップミール

を、都度調整して入れています。

レップも、最初の3日くらいは食べてたんですが、それ以降まーた拒否されてしまった…。
液体以外を欲しがらないので、なんでもかんでもミルクにブチ込んで、おかゆ状態にしてます。
それでもフード部分・肉部分は残すんだけどね…。
ま、いくらかは体内に入っているのでいいや・・・(姑息)
体重減少が止まったのでヨシとする!
c0084379_7383474.jpg

薬袋のイラスト。
これだけアクティブに薬を服んでくれたらいいよなあ。
てゆうか確実にこの猫、病気ではないよね。
[PR]

# by hase-gawa | 2008-07-27 07:39 | WHS

病院話 余談

飼「病院綺麗だったし、先生も優しくてよかったね」
ム「言いたい事がある」
飼「な、何ですか…」
ム「私のキャリーのみすぼらしさは何?! 他の人はみんな綺麗なキャリーバッグに入ってるのに、私だけダンボール箱ヨレヨレのナイロンバッグだったじゃないの!」
飼「だ、だって、布のやつって底が柔らかく不安定で、揺れがダイレクトに響きそうじゃないですか。プラのケースは空気がこもりそうだし…。そもそもあなたが布嫌いで紙好きだから、敢えてダンボールにしたんですけど」
ム「貧乏くせえ
飼「なっ…一応バッグは限定品のブランドものなんですよ!」
ム「どこよ」
飼「マックスファクター
ム「化粧品買ったらオマケでくれたやつじゃないの!!!!!」

ム「あと、無駄に迷惑かけるのやめなさいよ」
飼「何がですか?」
ム「私の名前、わざわざ『叢雨』ってバカ正直に書かなくても…。受付の人達、うろたえて一瞬ザワついてたわよ」
飼「あー…、うん。カルテから薬袋からレントゲン写真から、全部に律儀に『叢雨』って書いてくれてね…。明細書もこう印字されてて、変換大変だったかなーと…」
ム「第一あなた、私をフルネームで呼ばないじゃない。呼んだのって最初の3日くらいでしょ。」
飼「いや、実際問題、本気で反省している。」
c0084379_22263741.jpg

通院後の食事は、出してもらったアイソカルプラスに、フェレットフードや砕いたハリフードを溶かしています。内服の粉薬は1日1回。
で、以前コメントで戴いていた、マウスやウズラを細かく刻んであげる計画ですが…
すみません、日和りました。
レップミール買っちゃいました。
いや…マウスもウズラも、買ってから2ヶ月以上経過しちゃったので、品質がさ…(というのは言い訳)。
で、レップミールを包丁でたたいて差し出したら、ちゃんと食べてくれましたよ!
肉を口にしたのは10日ぶりくらい? ヤター。
食べてくれるものの種類が増えるのは嬉しいですね。
肉食べて馬力つけて欲しいところです。
[PR]

# by hase-gawa | 2008-07-20 22:34 |

診せてきた

 体重の減少が止まり、体調も安定…というか横ばいの状態が続いているので、思い切って病院に連れていく事に。
 先週、診察料支払い用としておろして来た分を、容態が急変したので火葬費用に回したのですが(不謹慎)、それをまた診察用に戻す時が来た!

 行きの道中、お寺や神社が見える度に、タクシーの中から
「ムーがよくなりますように」
と念を飛ばしておりました。

飼「あっ、なんかここ雰囲気違う。ご利益ありそう」
ム「護国寺じゃないの…。健康関係なさそうじゃん。」
飼「うるさいわね、国を護るくらいなんだから、ハリネズミだって余裕で護ってくれるでしょ」


 診断結果は、ほぼWHSではないか、という事でした。
 WHS自体は、死後に検査して判明する病気なので、生きている今は断定が出来ないんだとか。

 ちなみに、脚に異常が出るのは、足そのものや、背骨が骨折している場合もあるそうで。
 先生に「直前に高いところから落ちたり、重いものを落としたりしませんでしたか?」と聞かれましたが、「巣箱から落ちるのは、子供の時から好きでやってるしなあ…。回し車が倒れて、ぶつかる事もあったけど、ウェイト的に問題なさそう…」と、特に思いあたるフシもなく。
 レントゲン撮ってもらったら、当然綺麗な状態の骨でした。

 進行が早かったので、もしかすると別の病気かな、とも思ったのですが、うーん、WHSだったか。
 ただ、他の病気を併発している事もなく、するべき事が見えたのはよかったです。
 餌の量が減ったので、もしや口内にも問題が?!と気にしてましたが、なにもないならどんどん食べさせる!
 四肢も完全に麻痺していないそうなので、毎日さすったり曲げ伸ばししたり、手を添えて立たせてみたり、先生曰く「人間と同じリハビリ方法でいいんですよ」なので、脚を触りまくるぞー!(怒るけど)

 ちなみに費用は以下の通り。

初診料 2,625
X線検査 2画像 5,775
内服液 1,575
アイソカルプラス 420
ディスポシリンジ3ml 210
合計 10,815

 思ってたより相当安かった。いやあ、行く前に、病院近隣の銀行や郵便局はもちろん、キャッシングが出来るATMの位置まで調べてたんですが(笑)、手持ちでなんとかなったわ。
 先生はじっくり話を聞いてくれ、色々な検査方法を教えてくれたのですが、無理に勧める事はなく、必要最低限の事だけしてくれたんでしょう。ムーも疲れてたしね…。症状が症状なだけに、もっと色々やられると思ってた。
 で、明細を書きうつしてて初めて気付いたんですが、この他にフードやシリンジ(サイズが違うやつを3本)も戴いたのに、載っていない!
 いい病院でした。 ←いや…別にサービスしてもらったからじゃなくて…。
 
 みわエキゾチック動物病院
 最寄駅・駒込
 エキゾチック専門の病院です。都内近郊のハリ飼いさん達のご参考になれば…。
 待合室で待ってたら、ひっきりなしに患者さんが来てました。フェレットかわいかったな。

c0084379_22122022.jpg

 家に帰って、護国寺について調べてみたら、徳川綱吉の母・桂昌院が創建したのな。
 生類憐れみの令を発した将軍が絡んだ寺なんだから、やっぱりハリの健康にもご利益あるんじゃないの。


 ずっと張り忘れてた!
●検索するだけで募金が出来る
このGoodSearchを使って検索するだけで1回1セント(約1円)を募金できます。
c0084379_22155413.jpg

 http://www.goodsearch.com/
①Hedgehog Welfare Societyを右クリックでコピーする。
②画像の下にあるURLをクリックする。
③一番上の検索欄に右クリックで貼り付け、検索。
④検索結果が表示されます。

WHSを研究している団体Hedgehog Welfare Societyを指定して検索しすれば
WHSに関する研究も進む可能性が高くなります。
ハリネズミを飼っている方はぜひご協力をお願いします。

 画像は、ムー兄・クリップ君とこのでーるさんから戴きました。
 でーるさんには、みわエキゾチックの存在も教えて戴きました。いつも助かってます。どうもありがとうございますw
[PR]

# by hase-gawa | 2008-07-18 22:20 | WHS

ここ最近の食事

週が明け、食事のタイミングがどうしても一日3~4回になってしまっています。

今のメニューは
・ゴートミルク15ml~30ml+ハリフード3粒分を砕いて混入
・フェレットバイト チョコベビー1個分くらいの量
・昆虫用黒糖ゼリー 小指の先くらい


全部甘い…。3食スイーツで済ませてるダメなOLみたいだなあ(嘘)。
フェレットバイトは、そこまで好きではなさそう。毎回舐めはするんですが、残しちゃいます。
昆虫用黒糖ゼリーは、ネットでの評判が良かったので買ってみたら、これがまた食いつく食いつく。
ムー・・・お前甘党だったのか・・・。
※あくまでもネット掲示板で書かれていた事なので、専門医・専門家が勧めている・保証しているというものではありません。

相変わらず固形は無理そうですが、食欲も安定しているので、前回コメントで戴いた、内臓系にチャレンジしてみようかな。
c0084379_1571044.jpg

そうそう、土日はムーにつきっきりだったので、部屋で特にする事もなく、ネットばかり繋げてたんですよ。
不安もあったからか、ハリブログを繰り返し覗きまくってました。
アクセス解析が出来るブログの管理者さんには、もしかしたら
「やだ…同じ人物に、一日何十回も閲覧されてる! 薄気味悪い! もしかしてネットストーカー?!
と思われてるかもしれません。
ごめん、それ、私です。
[PR]

# by hase-gawa | 2008-07-17 02:00 | WHS